白髪染めとカラーリング

ここ最近、生え際や頭頂部に白髪が目立つようになりました。

私は髪の毛の量が多く髪の毛が太いので、白髪がとても目立つのです。

生え際の毛は薄くて髪をアップにしない限りは髪の毛に隠れてしまうのでいいのですが、頭頂部の白髪はピンと一本立ってしまい、それがとても目立つのです。

一本一本の髪の毛も太いので、白髪が光ってみえ目立ってしまいます。

いつも行っている美容院では、白髪は抜かない方がいい、と言いますが、頭頂部にピンと立っている白髪を見ると、どうしても抜きたくなってしまいます。

美容院の人に相談したところ、まだ全体的に白髪がなく部分的なので、白髪染めまでは必要ないのではないか、ということでした。

とりあえず今はふつうのカラーリングで白髪がかくれるので、美容院の人の言うようにしています。

私は40代前半ですが、一般的に何歳くらいから白髪が増えてくるのかとても興味があります。

個人差はあるとは思いますが、私の場合、40歳を過ぎてからどんどん白髪が増えてきているように感じます。

危機感をおぼえますね。

最近では白髪染め完全ガイドを読んで、どんな白髪染めが良いのか情報を蓄えています。

まだ先でよいといっても今から白髪について知識を得ておいた方が良いと思ったからです。

この先どんどん白髪が増えていけば自分で染める事も必要になるかもしれませんから。

美容院の人の話では、私の今の状態に関してとりあえず様子を見て、白髪が全体的に多くなってきたら通常のカラーリングではなく白髪染めに変える、という話をしていました。

通常のカラーリングと白髪染めは、基本的に毛髪に色素を入れることで同じなのですが、黒い毛に色を入れるのか、色素のない白い髪に色素を入れるのかにより、その配合に違いがあるのだそうです。